スポンサーリンク

Sponsored Links

収録用の機材など紹介

YouTube 収録用のマイクを変えたら、音質がクリアーになった

更新日:

YouTube収録でのマイクは重要!

 マイクを交換してみました。

 結果

 

 効果は実感できるほど

 音声がめっちゃクリアー!!

 

 マイクは

 audio-technica.のAT2020+USB

 価格は、1万5千円ほど

 

メリット

 収録時の音質向上

 ボリュームをアップしなくても、

 十分な音量で収録できる

デメリット

 些細な音でも拾ってしまう

 リップノイズなど

今までは、

marantzのPOD PACK1を

使用していました。

正直、コストパフォーマンスは高いと思います。

6千円ぐらいで、音質もいいし、

アームもついているので

使い勝手は、かなりよかったです。

正直、不満はなかったです。

ただ、

マイクがよくなることが

どういうことかを

実感したかったというのが

正直なところです。

そこからAT2020に変更。

音が、かなりクリアーになりましたね。

これと比べると、

POD PACK1は

少しこもった音ですね。

AT2020は

あまりにも、音をバシバシ拾うので、

リップノイズやら、部屋での雑音やらに気を使わないといけないことも増えました。

それらを考えても、

やはり高価なマイクは導入する価値があると思います。

視聴者の方からも、

めっちゃ音がクリアーになった

さらに音が良くなった

というコメントなどをいただけたので、

導入してよかったなと、思います。

一方で、

機材をよくすると、ごまかしが一切効かなくなるので、

様々な気遣いも必要になってくる

と感じます。

自分が視聴者の立場なら、

音質は良い方が、

見やすい、聞きやすいわけですから、

自分が動画わ作成する際にも

そこには、拘っていきたいと

自分の中で決意しましたね笑。

結論として、

大満足ですね。

以前のマイクも悪いわけではなかったんですが、やはり高級なものには、理由があることを実感出来ました。

これからYouTube始めようと思っている方にもオススメです!

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

-収録用の機材など紹介
-, , , , ,

Copyright© JTVブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.