スポンサーリンク

Sponsored Links

古文の勉強

古文の読解のコツ〜法則その3〜和歌の解釈の方法

更新日:

~和歌解釈Ⅱ~

 ① 定義:メッセージを表に出さず、裏に隠す

 ② 手順

  ⑴ 表の解釈を行う・・深く考えず直訳していく感じです。

  ⑵ 和歌とばし・・裏のメッセージをつかむ。

          和歌以外の部分から、解釈のヒントを探します。

  ⑶ キーワードをつかむ・・「キーワード」の裏の意味を特定する

    「キーワード」とは

      本文中で、頻出の語句・掛詞・意味不明な言葉

これらが、和歌でのキーワードになっていることが多いです。

  ⑷ キーワードを中心に和歌全体をひっくり返す

~和歌解釈Ⅲ~

 贈答歌について、複数の人が和歌のやりとりを行う。

 基本的には、和歌全体に一貫性があるので、

  第一首を徹底的に解釈する!

和歌修辞

枕詞・・短い、口語訳不要で、主なものだけ暗記しておけば良い。

   例 「あしひきの」→「山」を導く

     「たらちねの」→「親」などを導く

 ② 序詞・・イントロ的な修飾語

       長い、口語訳が必要で、自由な形

   例 

   あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を 一人かも寝む

  「あしひきの」=枕詞

  「山鳥の尾のしだり尾の」=序詞

  →山鳥の、垂れ下がった尾のように長い長い夜を、一人で寝ることだろうな

  見抜くポイント

   序詞になっている「山鳥の尾のしだり尾の

   と

   「長々し夜を一人かも寝む

   が、一見、無関係になっている和歌は、序詞を疑います。

   だって、なかなか寝られず、夜が長いな~っと思っている時に、

   「山鳥の尾」を思い起こしたりしないですよね笑。

 ③ 掛詞・・一つの単語に二つの意味を含む、簡単に言うと、ダジャレです。

   例 「ながめ」=「長雨」と「眺め」

     「あき」=「飽き」「秋」   など

    本文読解時の「キーワード」になっているもの

 ④ 縁語・・連想して、結び付けられる言葉、簡単に言うと、連想ゲーム

   例 「火」→「煙」、「衣」→「着る」 など

    見抜き方のコツとしては、

    名詞に注目して、その名詞の状態・様子を表す言葉を探す!

   この縁語の利用法は、実は、掛詞を見つけことに使います。

   例

   唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ

   「唐衣」→「着」「なれ」「褄」「張る」「着」

      これらが全て縁語になります。

      そして

      縁語になっている部分が「掛詞」になります。

     「き」→「着」「来」、「なれ」→「萎れ」「慣れ」

     「つま」→「妻」「褄」、「はる」→「はるばる」「張る」

    という感じですね。

    注意すべきなのは、

    ひらがなになっている部分が掛詞、ですね。

   もし、問題の出題上、

    全て、ひらがなで表記されたら、役に立たないです。

 ⑤ 隠し題(物名)・・与えられた題としての言葉を歌に読み込む技巧

  例 

  題「桔梗の花(きちかうのはな)」

   秋近う野はなりにけり白露の置ける草葉も色変はりゆく

 

   どうですか?

   「桔梗の花」見つかるでしょうか?

   この一見、見つけられないのに、

   周りの人々がこの和歌を

   称賛していたら、確実に隠し題ですね。

 

  見つけ方としては、  

   ① 全て、「ひらがな」で表記することです。

   ② 題も和歌もひらがなに直す時は、「歴史的かな」

 

  すると、「桔梗の花」=「きちかうのはな」です。

  和歌をひらがなにすると、

  「あきちかうのはなりけり」・・ここにあるわけですね。

  隠し題はよく、問題にも絡むので、注意しておきましょう!

 

 ⑥ 比喩

  見抜き方としては

  ① 本文に全く関係ない単語が和歌にある場合

  ② 表現したいことと、比喩表現には何かしら共通点がある

 

 例 

 「郎花」=「性」、「城野」=「中」

以上が、よく入試などでも、問題に関係するものになります。

ぜひ理解しておきましょう!

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

スポンサーリンク

Sponsored Links

-古文の勉強
-, , , , , , ,

Copyright© JTVブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.